マコガレイ


■出船7時30分~
 沖上がり14時00分、帰港15時00分前後

※釣期は12月下旬~4月上旬までとなります。

【推奨タックル】

竿 1.8~2.1m前後の小物用ロッド(キス竿などで代用可能)
道糸 PE1号程度
仕掛け 小型片テンビン
ハリス2~3号
おもり15~30号 ※当日の潮流による
カレイ針8号程度(2本針がお勧めです)

水深5~10m前後の浅場を攻める釣りものです。
※席に余裕がある場合は竿は何本出していただいても構いませんが、おひとり様2~3本くらいが取り扱いやすいと思います。

船宿で推奨仕掛け(300円~)を販売中です。

船宿記録

【大物賞】
2016年1月31日
大板49.5㎝マコガレイGET
K氏

【特別賞】
2015年12月27日
大板52㎝イシガレイGET
S氏

【枚数賞】
2016年1月6日
37㎝頭に12枚GET!
K木氏

 
◆ご不明な点などありましたら、まずはこちらをご確認下さい↓
マコガレイQ&A

真冬の江戸前の風物詩と言ったら、なんといってもマコガレイ!
水深10メートルに満たない静かな湾内で、数本の置き竿を出してじっと静かにひたすらアタリを待つ・・・
おそらく東京湾一静かな釣りものではないでしょうか(笑)
個人的にお気に入りの釣りのひとつでもあります。

魚体に似合わないヒキの強さはもちろんのこと、釣るまでのプロセス、そしてその食味といったら!
・・・余談ですが、数ある釣りもののなかでも、カレイが群を抜いてご家族の評判が高いと聞いております(笑)

オデコ覚悟の釣りではありますが、例年12月後半~4月頃までが釣期となっておりますので、ぜひ一度江戸前のカレイ釣りをご体験下さい。

釣りものご案内

ハゼ

マコガレイ

シロギス

アジ

シーバス

潮干狩り